手形割引ってありますけど、あれも元の価値より安く変えるわけですが。

大人買いというものが存在しますね。
金銭的余裕が少ない子供に比べ、大人は懐に余裕があり許容範囲であれば
好きにものを購入することができます。
ある種、借金という魔法を使えば無尽蔵に購入することもできるでしょう。
ただ、それでも普通に流通している金額より割り引かれて購入できた時の爽快感は、
大人・子供関係ないのではないでしょうか。
ラッキー!と感じるお得感とそれを手にいれた充足感の2つを
同時に得られるからですかね?
手形割引ってありますけど、あれも元の価値より安く買えるわけですよね。
でもリスクが多少はある。
大きい場合もある。
しかし、好きなものの場合リスクなんて何もないですよね。
だから、見つけたら手に入れるべきなんですよ。
…あーあ、今日もジャズのレコードをポチッちゃいましたよ。

Send a Comment

Your email address will not be published.